岐阜の古着屋Sunny Gardenです。
アメリカ古着 ヨーローッパ古着を中心に
いろいろな国の雑貨や リメイク商品を
取り扱っています。
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
EURO work overall

こんにちは!サニーガーデンのトモです。

今回は私の大好きなオーバーオールのご紹介です。
気がつけば1年の半分以上は確実に。。。おそらく3分の2くらいは、オーバーオールで過ごしています。
それ以外の服も好きなのですが、古着のオーバーオールが今よりも更に市民権を得て、もっともっと色々なシーンで活躍してくれることを強く願っている者のうちの一人です。

熱い思いはほどほどに(笑)
商品をご紹介したいと思います〜


こちらはEURO ワークオーバーオールです。
このブルーの色味も、アメリカのオーバーオールにはない少しスタイリッシュな雰囲気も、素敵です。

それぞれにデザインは色々なんですが、こちらは胸当て部分のジップのデザインがかわいい!こういうところ、注目して見てしまいます。
そして、生地感も少し厚めです。


そして、サイドも。
全体的にボタンの仕様が多いのですが、こちらはスナップ使いがデザイン的にもかわいい♪
ちなみに、よくあるボタンタイプはこんな感じです。

20170129_141217.jpg
私が持っているのもこちらのタイプなのですが、ボタンの位置を内側(もしくは外側)に付け直すことで、腰回りのゆとりを微調整できるところがなかなか魅力です。

どのタイプも、それぞれに魅力があるので一概にこのデザインがいい!!!というのも言い難いのです。
サイズ感についても同じで、古着なので縮んでいたりして表記のサイズ通りではないという事も一因ですが、ブランドによって形が全然違うので、面倒がらずに気になったものはどんどんご試着することをおすすめします!
 


この頃は、初めてのオーバーオールを求めにご来店いただいたり、
音楽をしているグループのユニフォームに。
と、みんなでお揃いで探しに来てもらったり、
仕事用に。
と、各方面の職人さんに仕事着として探しに来てもらったり。
古着のオーバーオールが、いろんなシーンで使われるところを想像するだけで幸せな気分になります。
ユーロのオーバーオールは、今回まとまって入荷したので、今ならサイズも色味も選んでいただけると思います。
古着でも、今回写真でご紹介したような、ほぼdeadstockというものもありますし、ペンキが飛んでいるようなものもあります。
ぜひ、似合う一着を探しに来てください!
普段着でも作業着でも、シーンによって使い分けて、一緒にオーバーオールライフを楽しみましょう〜(о´∀`о)♪

 

 

 

2月の営業日のお知らせ
こんにちは!サニーガーデンのトモです。
2月の営業カレンダーをアップしました〜♪

来月はアメリカに買い付けに行ってきます。
ということで、今年から営業日が増えたのですが、早くも2月はお休みが多めです(笑)

3月でサニーガーデン五周年なので、みなさんに楽しんでもらえるようなものをたーーーくさん見つけてきたいと思います!

インスタは、アメリカでも今と変わらず毎日アップしていけたらな。
と思っていますので、こちらも楽しみにしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします〜(о´∀`о)
glass vase
こんにちは。サニーガーデンのトモです。

今日は、昨年も好評だったガラスベースのご紹介です。

こちらは『球根の水耕栽培』が出来るガラスベースです。
土で栽培するのと違い、根っこがニョキニョキと伸びてゆく様子を観察しながら育てられます。
普段は見えない根っこ。
これがまた、美しくて。
小学生の頃に、教室の後ろのロッカーの上。本棚の辺りで、お花係りのような子がヒヤシンスの球根をお世話していたような記憶がありますが、その頃はそんなにも夢中で根っこを見つめることはありませんでした。
しかし、大人になってからは同じものを見ても、見る角度が違うんですね。生命力や、自然の造形の美しさに目がいきます。

こちらは、芽が出てきたヒヤシンス。
ガラスベース単品での販売も、セットでの販売もしていますので、お好みの方をどうぞ。
こちらのガラスベース。
優秀なのは、水替えのしやすさです!

こんな感じで、上の球根の受け皿部分が外せますので、くびれているタイプの球根用花瓶と違って、根っこを痛めることなく水替えが出来ます♪
水の深さは、根っこの先が水に浸っていればOKです。
水替えは1週間に一度、行ってください。
だいたい、2月の中頃〜末頃にお花が咲くかと思いますので、成長過程も含めて長い間楽しめると思います♪

お子さんと一緒にでも、一人のお楽しみにでも、どちらにしても心が潤います!
今年は室内で、少し早めに春の訪れを感じてみてください。